2017/12/09

今年初のヒラメ

息子の結婚披露宴終わって、新郎父の挨拶も無事に終わったので、記事を書く気になりました。(笑)5_20171209210146acd.jpg

11月16日の事ですが、昼から豊橋サーフへ。

イワシのベイトボールがあちこちにあって、青物狙いのアングラーがメタルジグ早巻きでガンガンやってますが私はヒラメ狙いなので、テロテロと・・・。

それでも引っ掛かって来る、結構おいしそうなイワシ。
1_20171209210140723.jpg

クンッと重たくなったので合わせると重さがのった。
巻いて来る間、首を振る感じがないけど何かな?

50cmぐらいの棒だった。

東方向にドンドンランガンして1時間経った頃、また重さが乗ったので鬼合わせ。

今度はクンクンと首を振る感じが伝わって来る。

2_201712092101429fb.jpg

ジャスト50cm。

肉厚な良いヒラメでした。

3_20171209210144096.jpg

フックを新品に変えて来たんだけど、鬼合わせしたのに刺さりきっていなかった。
バレなくて良かった~。
スポンサーサイト
2017/11/16

ご無沙汰

お久しぶりです。

私用で、何かと忙しくて釣りに行けてません。

その中の一つ。

息子が今年の4月に結婚して、12月に披露宴、1月に新婚旅行があるのですが、先日衣装の前撮りをしてきました。

勿論、プロのカメラマンに撮って貰ったんだけど、その横で自前のカメラ(EOS7MARKⅡ)で撮って来ました。

何枚も載せても何なので、2枚だけ紹介。




息子はサーファーで、「海で写真を撮りたい」との要望で近くの表浜へ。

27.jpg

台風後で海が荒れていたので、空いていて撮影には良い日でした。



息子の愛車マスタングMach1との撮影

32.jpg

邪魔にならない様にフラッシュを焚けない割に、良い感じの写真が撮れました。



今週末は横浜の娘の所に用事があって行って来ます。

その後は息子の披露宴。

新郎の父は最後に両家代表でお礼の挨拶があるので、そろそろ考えないと・・・・・。
2017/10/22

鮎竿メンテナンス

今年から養殖オトリを買わずに、川の天然鮎を獲るために流し釣りを始めました。

竿は昔使っていた「銀影マキシム T早瀬抜90」

15年以上前に買った竿ですが、大事に使っていたので目立った傷はありませんが、流石に腰は抜けています。

1_20171022124245183.jpg

二度と使わないと思っていましたが、もう一度頑張ってもらう事になりました。






濡れたタオルで表面の汚れを落とした後、フッ素コーティングします。

コーティング剤は、海釣りのPEラインに塗布するPEにシュを使います。

キッチンペーパーにコーティング剤を噴射して、竿に塗り込みます。

3_20171022124248d90.jpg

竿の表面にフッ素をコーティングすることによって、表面がツルツルになって水を弾くのでラインの絡み付きを防ぎます。

2_201710221242478b8.jpg

ピカピカ、ツルツルになりました。

これで15年以上前の竿なら、コンディションは良い方だと思います。






ここからは穂先(メタカラマン)のメンテナンス。

4_2017102214002451e.jpg

メタカラマンは基本錆びませんが、汚れて回転が悪くなるのでパーツクリーナで洗浄後

5_201710221400262f9.jpg

リール用オイルを噴霧して終了です。

6_20171022140027bd3.jpg

来年も相棒としてかんばってくれると思います。
2017/10/15

豊川の鮎釣り15

10月11日(水)

この前よく釣れたから夜勤前の午前中、2時間ゲーム。

前から気になっていた場所に来てみた。

1_201710152308311a7.jpg

なんか川をいじられてて釣れる様な感じじゃないなぁ~。(汗)

パワーショベルで川を掘って、無理やり瀬を作ってあるけど、鮎が付くって感じじゃない。

でも、今日は時間がないからここでやってみます。

2_201710152308326fc.jpg

一時間でやっと掛かった。

残り一時間しかない。

3_20171015230833b0c.jpg

魚が薄い中、よく頑張った方だと思います。



今回の釣りで鮎は終了です。
2017/10/10

豊川の鮎釣り14

10月8日(日)

夜勤明けですが、約一ヶ月ぶりに鮎釣りに行って来ました。

早く起きれるはずもなく、午後からの出撃です。

1_20171010092331f4e.jpg

川は増水していていい感じ。

はじめに流し釣りでオトリを取って・・・。

全国的にはコロガシ釣りが一般的で、流し釣りって珍しい釣り方らしいですね。

コロガシ釣りは川をホウキで掃く様に竿を扇状に振って鮎を引っ掛ける釣りですが、

流し釣りは鮎が居るだろう流れの筋に、針が20~30本付いた仕掛けを漂わせて鮎を掛ける釣りです。

鮎を取るにはコロガシ釣りの方が効率的なのかも知れませんが、流し釣りは鮎の付き場が解って友釣りのいい勉強になるので、私は好きでやってます。


開始1分でギュンと竿が曲がりました。

2_2017101009233253d.jpg

メス確保。

お腹の色が少しオレンジ色に変わってて、お腹は卵でパンパンです。

一ヶ月前は、全然そんな感じじゃなかったのに、一気に落ち鮎っぽくなっちゃってます。

不安なのでもう一匹追加して友釣り開始。

・・・・・。

全く追われず1時間経過。

この時期、メスを確保すればオスの入れ掛かりは約束されたも同然のはずなのに・・・。

流れが強いからオトリが浮いて来ちゃって、もう一度流し釣りでオトリを獲ります。






さっきオトリを泳がしていた流れの筋に仕掛けを入れるとすぐに鮎が掛かります。

しかもダブルで・・・・。

友釣りヘタクソか






となりの筋を流してみますが掛からず。

もとの筋を5歩下流に移動して流すと竿がギュン。




友釣りの場合、野鮎が居る場所にオトリが勝手に入って行く事が多いので、ポイントの選択は大体この辺り程度で決めていますが、流し釣りは一線しか掛からないので、ポイント選びがシビアでやっぱり勉強になりますね。




あと2時間しかないので、今日はこのまま流し釣りをやります。

4_20171010092335c24.jpg

鮎を見ると落ち鮎寸前って感じです。

オスは表面のヌメリがなく少しザラザラしていますが、まだ真っ黒ザラザラの落ち鮎って程ではありません。
メスはヌメリがあって、お腹が少しオレンジ色で、タマゴでパンパンです。

今度雨が降って増水したら一気に下って行きそうです。

結局昼の12時から夕方4時までやってこれだけ。

3_201710100923334b3.jpg

もう釣れないかと思っていましたが、結構釣れました。

これぐらいの鮎ならまだ食べても美味しそうなので、もう一回ぐらい行ってみようかなぁ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。